Replan(リプラン)掲載記事 vol.109

窓から海を見渡し街を見下ろす静かさと景色を楽しむ平屋
●室蘭市・Hさん宅/夫婦30代
01
庭の先に街を見下ろし水平線を見渡せる大きな窓があるLDK
子どもの頃から海が近くにある環境で暮らしていたというHさんご夫妻。
自分たちの家を持ちたいと考えたときにも「海が見える場所に家を建てたい」という希望がありました。
土地探しをしているときに見つけた高台の海を見渡す崖に面した土地は、お互いの職場や大好きな海へもほど近く、イタンキ岬や水平線を見渡す景色の良さに一目惚れして購入を決めました。
「家づくりは以前、妻の友人宅を訪れたときに『こんな家があるんだ!』と2人で驚いたほど素敵な家を建てているSUDOホームにしたいと決めていました。 土地の購入を決めてすぐに相談しに行きました」
当初は2階建ての家を考えていたHさんご夫妻でしたが、担当の深瀬さんから提案されたLDKの大開口から海を見渡す平屋のプランを見て驚いたそうです。
「家は2階建てという固定観念がありましたから、眺望を生かすなら2階にLDKのプランになるのではとイメージしていました。
深瀬さんが平屋を提案してくれたおかげで無駄なスペースもなく、LDKから直接庭に出られるし景色の良さも存分に楽しめる住まいになりました」。
小上がりやスキップフロアのライブラリーなどで一室大空間のLDKを適度にゾーニングしています。
暮らしの中で心地よい距離感を保てる、そんな空間に仕上げたオーシャンビューの住まいです。
02
北海道産のカラマツ板で仕上げたナチュラルな風合いの住まい
04-05-06
左:海を眺められることが一番の希望でした。外の景色を楽しみながら2人で過ごす時間が最高ですね」と語るHさんご夫妻
中:暗くなりがちな玄関も、西向きのハイサイドライトから光を取り込み明るく開放的に
右:ハイサイドライトからの光をLDK側にも取り込めるスケルトンの開口がある玄関ホールは、タイル仕上げの床に床暖を設けて冬も暖か
07
収納力に優れすっきりと片づくシンプルなキッチン
08-09
左:下に収納を設けた小上がりも屋根の傾斜を生かした高い天井で開放的
右:壁面収納を充実させて、家具を置かずにすっきりとした空間で過ごしたいという希望を実現
10-11
左:壁の一部をモザイクタイルで仕上げたお洒落なパウダーコーナー
右:スキップフロアになっているライブラリーからも景色が楽しめる
■建築データ
構造:規模木造(新在来工法(金属接合))・2階建て
延床面積:248.80㎡(ガレージ含む)(約75坪)
<主な外部仕上げ>
屋根/アスファルトシングル、
外壁/スイス漆喰塗壁・北海道産スギ板、
建具/玄関ドア:木製燻煙ドア、
窓:木製燻煙サッシ
<主な内部仕上げ>
床/道産ナラ無垢材・タイル、壁/珪藻土入塗壁、天井/珪藻土クロス
<断熱仕様 充填断熱>
基礎/押出法ポリスチレンフォーム(B3)100㎜、
壁/高性能グラスウール16kg105㎜+100㎜、
屋根/高性能グラスウール16kg250mm+50㎜
<暖房方式>エコジョーズによるセントラル暖房(温水パネルヒーター+床暖房)
■工事期間:平成25年3月〜7月(約4ヵ月)
●このページは、リプランより転載利用しています。