パレット vol.36

title

暮らし拝見!内田さんご家族(千歳市)
11今回は引っ越しされてから、ちょうど1年経つ「千歳のヒラヤ」内田さんのお宅に私Kが行ってお話を伺いました。
元々内田さんは埼玉県出身で、定年退職を機に千歳市に移住されました。
12お子様2人を成人させ、今後は奥さんと自分のために!という思いがあったようです。
空港があり、いつでも故郷の友達に会いに行ける、自然災害が少ない、森が多く支笏湖等、自然豊かな環境が有る事で千歳に決められたようです。
今年、庭では早速家庭菜園。じゃがいも、キャベツ、豆類、トマト・・・10種類程の野菜。
お2人で協力し、土づくりから育て方まで勉強(土を耕すのは奥さんの仕事のようです・・・)今年は豊作だったようです。
特にじゃがいもがおいしかったとか。。
そして春に植えたブルーベリーで作ったジャムも、また最高だったようです。
vegi来年はさらに畑を拡大し、チャレンジ!です。
他にも奥様は地域のグループに誘われ初のパークゴルフ。
週3回程行くようになり、とうとう優勝まで!
そして奥様はご主人にも声をかけるのですが・・
奥さん「いっしょにどう?」
ご主人「自分はまだいい。」
・・・・・・・・・・・・・
それもそのはず!当初から計画されていたマイ工房が敷地内に建てられておりました。
なんと土を固める為の道具(ダンパー)や、透明のホースを使い水平を図るなどかつての経験を活かしご自分で建てられたのです!!!
13そして中を見せてもらうとまさに趣味の部屋!まずは糸ノコの説明をいただき、お手製の渓流釣りの毛針と作り方も見せていただきました!本物の鳥の羽を使うんですね!!
14お子様用の椅子はビスが見えないプロ並みの作り。
ここにいると時間を忘れてしまうそうです。
今後も少しずつ工具を増やしていきたいとの事。
そして私Kの干支が丑だとお話しするとなんと!!お土産まで。インテリアとして大切に飾らせていただきます。
これからは冬のシーズンとなりますが、スキーを満喫するそうです!健康第一、今後も趣味と自然を満喫してください!!

オヌッキーの旅の恥はカキステⅡ
03入社3年目にしてやっと、新住協全国大会へ参加する事となり、3日間の日程で、名古屋へ行ってきました。当日は朝一の便でしたので、頑張って早起きをしましたが、努力空しく現地が大型台風上陸にて欠航とのニュース。
いきなりの珍道中の予感。なんとか現地に到着し、すぐに鎌田先生による基調講演~研修会~懇親会と、なかなかハードな初日になりました。
042日目は研修会~見学会。研修会では、3社の研修発表があり、とても興味深く勉強になる部分がたくさんありました。またまたハードスケジュールの為、バタバタと昼食を済ませ、岐阜県への見学コースへ。(ここまで名古屋らしいごはんを食べる事ができず・・・)住宅2軒を見学しました。
移動の車窓からも住宅街が見えていましたが、建物の雰囲気が北海道とは全然違うので、新鮮でした。そして個人的に楽しみにしていた「国宝犬山城」へ。現存天守12城のひとつでもあり、日本最古の様式です。城内の冗談みたいな急すぎる階段に苦戦しながら、最上階へ。廻り縁があり360°景色を見る事ができます。
05台風が去った後の雰囲気ある木曽川の景色がとても雄大でした。
木曽川は屋形船や鵜飼いが有名ですが、残念ながら今回は体験できませんでした。またいつか・・・新婚旅行で??。
名古屋へ戻り、おまちかねの夕食!やっと名古屋めし!王道ひつまぶしです。とにかく美味しかったです・・・。
食後の運動に、東海1高いビルの展望台へ行き、夜景を見ながら、しばしのんびりタイム。
06ライトアップショーもあり、気づけば周りはカップルだらけでした・・。
3日目は自主行動日でしたので、事前に決めていたコースへ。
やはり名古屋城からスタート(実は前日にハプニングがあり、急遽宿泊ホテルが街中から名古屋城隣りへ移動したので歩いて出発できました) 現在本丸御殿復元工事中で、一部完成した所と、工事中も見学でき、この旅イチ★幸運な出来事でした。その後北海道にはない企業やお店に立ち寄り、あっという間に帰り時間になってしまいました。
帰りは無事、定刻通りの飛行機に乗る事ができました!様々な声を聞いたり、見たり、とても勉強になりました。08今後の仕事へ活かす事を目指して、日々努力していきたいと思います。

現場担当Sの『 ふうああゆう 』ふぁいる4
いえはひとりではつくれない。
どんなひとがかかわっているの?なにをしているの?
SUDOのスタッフちょこっと紹介しちゃおうか。・・・㈱畑商会・㈱丸石設備工業・㈱サガエ設備
新弘設備工業㈱・㈱日弘ヒーティングさん(設備工事)

コンロに火をつける。
蛇口をひねって水を出す。
寒くなってきたから暖房をつける。
そんな当たり前のことをできるように準備をしてくれる。
基礎工事の時、建て方の時、仕上げの時
02何度も何度も足を運んで
ちょっとづつちょっとづつ準備をしてくれます。
建ってしまえば、その苦労の部分は見えません。
出来上がった後のキレイな部分とは裏腹に
地味な部分がほとんどです。
それが、せつびやさんです。

いぶりフォトギャラリー

15

洞爺湖畔にて
季節の中に季節あり。
紅葉から初雪の間にも季節があります。
いろいろな枯葉から樹種を知ることができますよ!
photo Y.Sudo