Y.SUDOの建築ルポ vol.05 ツキウラノスミカ

今回は、4月4日・5日に洞爺湖町でオープンハウスを開催した
傾斜地に建つ日当たり良い平屋感覚の暮らし『ツキウラノスミカ』
をご紹介致します。
■建築概要
・敷地面積:236.7坪
・延床面積:住宅床28.0坪+床下11坪=39坪
■設計コンセプト
・連続する屋根なりの空間をもつひとつづきの家
・道産カラマツ外装と切妻屋根の地域に馴染む家
・透明感ある吹きガラスと和の趣につつまれた家
・傾斜地形から生じた空間を多目的に活用する家
■建築性能
・熱損失係数(Q値)0.98w/k
・外皮平均熱貫流率(U値)0.34w/㎡k
・省令準耐火仕様(JBN)

外観(中央の建物)
左奥:glas café gla_gla
右奥:tetote
共にSUDOホーム設計施工

外観
洞爺湖を一望できます。

外観
平屋ベースに、傾斜地を活かした床下トランクルームの構成です。
※外壁は道産カラマツ木酢液含浸

エントランスからホール・広間を望む

ホールからパウダールーム望む
3mの長尺洗面カウンター。
収納もたっぷり確保しています。

広間からホール・エントランス見返し
ホールはたたみと障子で和の趣を演出。

広間
広々とあずましく過ごせる場所。

濡縁(向こうに見えるは~有珠山・昭和新山)
スリル満点?な濡縁。
足を投げ出したくなります。

キッチン
手前の家電食器収納付きの作業台は、固定していないのでフレキシブルに使えます。

キッチンから広間見返し。

広間からMBR望む
将来的に個室化も容易に実現できる自由度の高いワンルーム。

MBRから広間見返し

MBRからホール・パウダールーム見返し。

床下へ通じる階段

トランクルーム・外物置(20帖)
地形から生まれた多目的に活用できる床下空間。

トランクルームから階段見上げ
今回は3名の芸術家とのコラボレーションで見どころ満載の住宅になりました。
これから洞爺湖町月浦を拠点に活動するガラス作家高臣大氏の作品をいくつか紹介致します。

スケスケガラス(木下良輔氏との共同製作)

スタンド

外灯

門灯

インターフォンカバー(銅の荒し槌仕上)
この作品は金属工芸家藤沢レオ氏の作品です。
アルミ製のシルバー色のものもあります。
■おまけ

洞爺湖
洞爺湖町月浦は映画「幸せのパン」のロケ地です。