フォトメールVol.02 「洞爺湖の風景Ⅱ」

『洞爺湖の風景Ⅱ』

今回は前回に引き続き洞爺湖東湖畔”氷の世界”をご紹介致します。

西高東低の西風で、東湖畔沿いには至る所に波しぶきを受けた氷の世界を見ることができます。

01

晴れ上がって穏やかに見えますが気温は-7度。 水際の玉砂利の上を歩いても氷で繋がり動きません。

02

この時期、緑が少ないのですが、緑を求め「トクサ」を手前に入れて撮ってみました。

03

枯れた「エゾアジサイ」も、ある意味”冬の花”と思います。

04

自然が織りなす氷の芸術Ⅰ

05

自然が織りなす氷の芸術Ⅱ

06

自然が織りなす氷の芸術Ⅲ

氷の球体のサイズはピンポン玉くらい。

製作過程?不思議です。

07

ヨシのある風景Ⅰ

08

ヨシのある風景Ⅱ

ちなみにススキと似ていますが、

・乾燥した所にあるのがススキ

・湿地帯にあるのがヨシ

と区別できます。

09

氷の世界Ⅰ

クマザサもこの通り!

10

氷の世界Ⅱ

ツルウメモドキもこの通り!

洞爺湖は湖畔を車で一周できるので容易に「氷の世界」見ることができます。

※東湖畔沿いあちらこちらに点在しています。

早朝がベストですが気温がマイナスであればOKです。