見せます建築現場「友集のいえ」page01

入社してすぐにエリアマネージャーにこの名前をつけていただき、
3件ほど建築現場をご紹介してきました。
今では現場内やお客様にまでもこの愛称で呼んでいただき、
すっかりお気に入りです。
HIROちゃんです。( ´_ゝ`)ノお久しぶりです。
今回は、
~開放的な間取りで光りと風と友人を誘う~
『友集のいえ』
をご紹介させていただきます。完成まで宜しくお願いします。

まずは地盤改良の為に、コンクリートの杭を36本埋め込んでいきました。
この日は少量の雨と強めな風が吹いていたのですが、
お構いなしにどんどん杭を圧入していきます。
これ、ずっと見ていられます。

続いて基礎屋さんの登場です。
さくさく掘削をしながら、手前では砕石を転圧していきます。
よく見ると砂利の下に丸いコンクリート杭の頭が見えています。

掘削が終わると配筋部隊の登場です。
予め加工された鉄筋が図面通りに配られていきます。
オレンジの合羽の彼は今年入社したばかりの18歳だそうです。
宜しくお願いします!
親方「ところで、HIROちゃん・・・いくつになったんだ?」
私 『・・・ほっといてください。』

配筋が完了すると、配筋検査です。
今回も自社による自主検査を行いました。

配筋検査が終わりスムーズな流れでベースコンを打設しました。
涼しい顔でホースを担いでいますが、コンクリートが流れてくる瞬間
体全体で支えなければいけないほど力がいるようです。

養生期間を経て、立ち上がりの枠を取り付けました。

打設。
アンカーボルトとホールダウン金物も所定の位置にセットされています。

脱枠。
杭工事からこの間実働(養生期間を除きます)8日間です。
良い調子です!
次回は基礎工事後半戦をお届け致します。
お楽しみに。