私たちと一緒に働きませんか?

INTERVIEW

仕事で一番大事なのはコミュニケーション。
職人さんとは普段から良い関係を

NAME
井餘田 直也Iyota Naoya
井餘田 直也
NAME
井餘田 直也Iyota Naoya
PROFILE
  • 伊達オフィス 住宅部門
  • 北海道豊浦町 出身
  • 2014年度入社
二級建築士

大事にしているのは人とのコミュニケーションですね。連絡事項ひとつ忘れると、せっかくつくったものを壊してやり直すことにもつながります。入社2年目で任された現場は、多いときで作業員が30人を超え、しかもオーナーさんが外国の方。英語が飛び交うようなタフな状況で、その時は本当にコミュニケーションの大事さを実感しました。

職人さんとは、普段から特に話をするようにしています。ヘルメットにマジックで大きく「いよた」と書いて呼びやすくしたり。そうすると最初は「監督さん」だったのが名前で呼んでくれるようになるんです。冗談も出るようになり話もしやすくなります。「お前、そんなことも知らないのか!」と叱られながらもいろいろ教えてもらっています(笑)。

井餘田 直也

入社して気が付いた
須藤建設のクオリティの高い家づくり

京都の学校で建築の勉強をしたのですが、関西よりも地元の北海道、そして大手よりこぢんまりとした会社で働きたいと思っていました。幅広く仕事をしたかったんです。入社前に当社の社長の話を聞く機会があり、自分で関われる仕事の範囲が広く、やりがいがありそうだと思って入社しました。実際たまに同級生と仕事の話をすると「もうそんなことしているんだ!」と驚かれます。

就職する前は正直、どんな家をつくっているのかよくわかってはいませんでしたが、今、他社の建物と見比べると、須藤建設の建物の気密性の高さや化粧の納め方、造作の美しさが際立っているのがわかります。自分たちが当たり前にやっていることが、実はとてもレベルが高いことなんだと実感しますね。

SCHEDULE

一日の仕事の流れ
8:00
現場へ
職人さんと作業、注意すべき箇所の打ち合わせ。途中でほかの現場から連絡が入り、そちらへ移動。
Lunch
13:00
再び現場へ
元の現場に戻り、大工さんの手伝いなど。15時の休憩は大事なコミュニケーションタイムでもあります。
17:00
帰社、デスクワーク
図面を書いたり、打ち合わせをしたり。帰る前に、翌日職人さんに伝えるべきことのリストを作ります。
18:30
退社
所属している社会人サッカーチームの練習があるときは、定時の17:00になったらすぐに帰宅します!