私たちと一緒に働きませんか?

SUDOの仕事

建築部門 | 須藤建設

事業内容:
公共施設 / 医療福祉施設 / 商業施設 / 公営住宅 / 生産流通施設事務所・工場・倉庫・マンション・ホテル・コンドミニアム等の建設

コンセプトは「人が創り、地域に遺す」。
私たちのまちに在り続ける仕事をしています。

建築部門の主な仕事は、公共建築・施設建築・民間建築等の施工管理業務です。昨今は、平成30年度に支店を開設予定のニセコ地区での受注も多く、外国人のコンドミニアムの施工実績も増えています。業務においては、最良の建築物を地図に残すべく、4つの管理を担います。1つ目は「安全管理」。現場での作業を安全に進められるよう管理します。2つ目は「品質管理」。所定の品質が担保されるように管理します。3つ目は「工程管理」。工事全体を統制して、円滑に進めるための管理です。そして4つ目が「原価管理」。無駄が出ないよう経済性を考慮して工事を進め、損失を生じさせないよう管理します。

当社で請け負う工事の規模はさまざまですが、仮設計画をはじめすべての工事種別をトータルに経験します。工事種別ごとに担当者を設ける大手ゼネコンでの仕事と比べて、全体的な工事の管理能力を培うことができ、社員一人一人がやりがいを持って働いています。

住宅部門 | SUDO設計・SUDOホーム

事業内容:
注文住宅の設計・施工

SUDOホームは
「土地が家を決め、人で家が決まる」をコンセプトに、
家づくりのお手伝いをしています。

住宅部門の主な仕事は、一般住宅の設計と建築です。「一般社団法人 新木造住宅技術研究協議会」に所属しながら高気密・高断熱・省エネルギーの知識を深め、高性能住宅の建築技術を高めることに努めています。2005年からは北海道のニセコエリアで、海外のお客様への木造の別荘の提案を開始。2017年時点で41棟の建物を手がけ、一般的な住宅以外の建築も事業を拡大しています。

設計業務では、お客様についてさまざまな角度からヒアリングを行い、自由な発想で一人一人に合わせたプランを提案します。施工管理業務では、現場の安全管理や建築物の品質管理、工事の工程管理や原価管理を担います。SUDOホームには、営業専門職はありません。お客様との対話から設計、施工管理まで、さまざまな役割をトータルに経験することで、住宅建築全般を広く深く理解していくことができます。家づくりを通してお客様の理想を叶え、より豊かで楽しい暮らしの実現をサポートするやりがいのある仕事です。

INTERVIEW

自由度の高い社風。
早く仕事を覚えたい人には絶好の場

田邊 隼人
NAME
田邊 隼人Tanabe Hayato
PROFILE
  • 土気オフィス 住宅部門
  • 千葉県白子町 出身
  • 2006年度入社
一級建築士

型にはまっていない建物をつくっているので、自由度の高い会社なのかなと思っていたのですが、その印象どおり。型にはまらない仕事が多く、自由に働ける雰囲気があります。

詳しく見る

INTERVIEW

技術力とデザイン性の高さに惹かれ転職。
情報共有の場では、技術面の相談も

菅原 留美
NAME
菅原 留美Sugawara Rumi
PROFILE
  • 札幌オフィス 住宅部門
  • 北海道釧路市 出身
  • 2014年度入社
二級建築士

現場監督をしています。設計図にのっとり、お施主様や作業をする人に説明をしたり作業用の図面を引いたりする仕事です。以前は別の会社で同様の仕事をしていましたが、技術力がありデザイン性の高い家をつくっている須藤建設なら自分の力も伸びるのではと転職しました。

詳しく見る

INTERVIEW

仕事で一番大事なのはコミュニケーション。
職人さんとは普段から良い関係を

井餘田 直也
NAME
井餘田 直也Iyota Naoya
PROFILE
  • 伊達オフィス 住宅部門
  • 北海道豊浦町 出身
  • 2014年度入社
二級建築士

大事にしているのは人とのコミュニケーションですね。連絡事項ひとつ忘れると、せっかくつくったものを壊してやり直すことにもつながります。入社2年目で任された現場は、多いときで作業員が30人を超え、しかもオーナーさんが外国の方。英語が飛び交うようなタフな状況で、その時は本当にコミュニケーションの大事さを実感しました。

詳しく見る

INTERVIEW

他社との共同事業で見えてくる
須藤建設の技術の高さ

山根 啓伍
NAME
山根 啓伍Yamane Keigo
PROFILE
  • 伊達オフィス 建築部門
  • 北海道帯広市 出身
  • 2010年度入社
二級建築士・一級建築施工管理技士

大きな規模の現場では、JV(共同企業体)での仕事になることがありますが、そうなると各社の施工スキルが明らかになります。そういう場面で改めて、須藤建設は技術力が高いんだな、と感じます。

詳しく見る