Y.SUDOの建築ルポ vol.18 共存するいえ

今回は10月3日(土)・4日(日)に札幌市藻岩下でオープンハウスを開催した雑木林の中に佇む風景に調和した家『共存するいえ』
をご紹介致します。
■建築概要
・敷地面積:300坪
・延床面積:68.7坪(物置8.3坪、カーポート10.5坪含まず)(吹抜け含む)
■特徴
・土間と薪ストーブのある豊かな暮らし
・外と内が心地よく繋がる暮らし
・傾斜にならったスキップフロアの自然体の家
・屋外作業を満喫できる大型収納のある暮らし
・換気排熱で融雪する便利な暮らし
■道産材
・構造材:カラマツ
・外壁、デッキ:道南杉
・床:道産ナラ、敷地内セン、札幌軟石
・天井:道南杉
・薪:敷地内(セン、ハルニレ、ミズキ、ヤマグワ)

外観(南西)
外観は低くおさえて景観に溶け込ませています。

外観(東南)
外壁は道南杉板張り。

外観(西北)
冬でも安心の2台タップリのカーポート。
アスファルト舗装は換気の排熱を利用した省エネロードヒーティングになっています。

エントランスからホール見通し
玄関に入ると突き当たりに見える大型窓と薪ストーブが印象的です。

エントランスから吹き抜け階段見通し
屋根なり天井で、2階につながる開放感のある空間です。

エントランスから和室方向見通し
道南杉を格子に組んでリビングとつながりを持たせています。

和室
壁にはワラ入り塗壁を使用。

洗面コーナー
エントランスから便利なツーウェイ動線になっています。

エントランスからホール・土間見下ろし

ホールからエントランス見返し
敷地の形状にならった自然体のスキップフロアになっています。

リビング
床は
この土地の樹を伐採~加工したセンのフローリングです。

リビングからダイニング・キッチン方向見返し

土間
床・腰壁は札幌軟石を使用。

キッチンからダイニング・リビング方向見返し

キッチンから土間見返し

土間からウッドデッキ見通し
緑を間近に感じて暮します。

ここから2階をご案内致します。

ライブラリから洋室方向見返し
天井は道南杉張りでアクセント。

洋室
普段は開放してライブラリと一体的に利用します。

洋室からライブラリ見返し
中心に位置する家族の気配を感じる開放的なライブラリ

書斎
天井を低くおさえた落着きのあるスペース。

主寝室
回遊動線で書斎・洗面室・トイレにつながっています。
大容量(6.3帖)の納戸+WIC付き。

ライブラリからエントランス見下ろし
■おまけ

勝手口につながるウッドテラス
屋外作業後に便利なシンクは施主がインターネットで求めた支給品です。