コンクリート住宅

暮らしに合わせて
長く住み継いでゆける
価値ある住まい          SUDOホーム

昭和 40~50年代、寒冷地住宅という発想もまだなく、 内地仕様を基本としたままの住宅では 冬にすがもりや結露が発生することは当たり前でした。 そこで先代は、「欠陥住宅」となりうる木造住宅を建てることを封印。

SUDOの住宅は、室蘭工業大学の鎌田紀彦助教授 (当時)の指導のもと、 建設会社として積みあげてきたR C(鉄筋コンクリー卜造りのノウハウを生かし、 1985年、伊達市のRC外断熱パッシブソーラーハウスから始まりました。 その後、 2001年には、内外装ともコンクリー卜打ち放しとした 外断熱のRCサンドイッチ工法を開発し、メンテナンスフリーの最良の形を実現。 独自の技術によりコストダウンもはかられました。そして、 これらRCサンドイッチ工法による建物は、近年のニセコのコンドミニアムでも 多く手がけられ、豪雪地帯にあって'快適な居住環境を提供しています。

RC打ち放しの壁は見た目に洗練されているだけでなく、 風景や自然素材ともなじみ、またその蓄熱性や空間の自由度などから 一年を通して暮らしを快適に保つ特性をもっています。

研究の成果と技術の革新により復活し、高性能化が進む木造住宅も含めて 性能とデザイン、暮らす愉しさと自由度、 すへてにバランスが整ってこそ長く残る価値ある住まい。 SUDOはそう考え、つねに北の風土に合う住宅のカタチを追究しています。

時代が求めた強さ

耐震・耐火・耐久性にすぐれた RC(鉄筋コンクリート)造の住宅。
構造体にしっかりと守られ た室内は間取りも柔軟に変えられます。
使い捨ての時代が終わり、長く住めることに住宅の価値が見いだされてきた今、
コンクリー卜 の強じんさは、まさに時代が求めているものといえます。

温かいという快適性

一見すると「クール」な印象の RC住宅。
しかし、そのなかでは心地よい室温環境が夏冬問わず保たれています。
先その秘密は、すぐれた蓄熱性。
SUDOのRC住宅は「外断熱」により、外からの熱の影響を受けず、
年間を通してほぼ一定の室温。快適さが、つねに保たれています。

暮らしと環境に優しく

SUDOが独自に開発した RCサンドイッチ工法は、RCによる構造体と外壁の間に断熱材
をはさみこみ、三者を同時成型する高度な型枠技術による工法です。
これによリムダを省きコストダウンにつなげたことはもちろん、メンテナンスフリーも
実現。長く生き残る、環境にもやさしい建築です。

自由度の高いデザイン

円でも三角でも形を選ばないRC造。仕切りのいっさいない開放的な大空間をつく ることもできます。
そのため外観のほか、室内のデザイン・間取りの自由度が高く、新築時だけでなく、
その後の変化にも間仕切りの変更などで対応しやすいのが特長です。

洗練ざれた素材感

コンクリート打ち放しの壁には、いくつもの魅力があります。
なんともいえない光沢と手ざわり。素材感からくる落ち着き。木などの天然素材との相性も
思いのほか良く、グレートーンの色彩はどんなインテリアの色にもなじみ、住む人の個性、洗
練された空間をつくりだしてくれます。

次代に継げる価値

耐久性にすぐれ、メンテナンスの手間も少なく、室内の間仕切り変更も柔軟に行える。
それはつまり、住む人が家族以外の人に変わっても、その人に合わせて変化していけるということで、
資産価値の高さを示しています。
長く住み継げるという財産時代が求めた強さとしての価値。RC住宅の魅力はここにもあります。