Replan(リプラン)掲載記事 vol.124

北欧スタイルにこだわった無垢の風合いが息づく上質空間

札幌市厚別区・Yさん宅 夫婦30代、子ども1人
広いウッドデッキは、プライバシーを守りながらBBQや子どものプール遊びなどを楽しめる。上部のテラスは、屋根付きでルーバーもありプライベートな外空間として使える
 共働きで忙しい日々を送るYさんご夫妻。子どもが生まれたのを機に一軒家を考え、土地探しを開始しました。
庭をつくれる広さと、アクセスの利便性を条件に見つけたのが、駅近ながら閑静な住宅地の高低差がある土地です。
SUDOホームでご主人の家族が家を建てていたこともあり、高い性能はもちろん、自然素材を使った上質な空間づくりや、快適な住み心地も聞いていたので、迷わずお願いすることにしました。
 「仕事とプライベートをしっかりと分けて、家で過ごす時間を大切にしたいと考えました」と語るYさん。
SUDOホームを信頼して性能面はほぼお任せし、その分内部の造作や設備などは隅々までこだわり、理想の空間をつくり上げました。
 設計上の最大の難問だったのは、玄関から奥へ向けての土地の高低差。通常であれば、玄関自体を底上げするところですが、なんと玄関の上がり框からすぐ階段でLDKに上がるスキップフロア構造に。省スペースで空間効率もよい間取りとなりました。
夫婦ふたりとも北欧スタイルが好きなことから、室内は無垢フローリングと漆喰の壁を使ったシンプルモダンな空間に、天然木の風合いが心地よい造作家具を随所にしつらえています。
 注文住宅だからこそ可能な、住み手の暮らしに沿ったきめ細かな手仕事にも大満足。「この家に合わない無駄なものは買わな
くなりましたし、長く使えるものを吟味しながら揃えていきたいなと思っています。
自分たちの居心地がよい空間で、好きなことをして過ごせるのが一番いいです」と、新居の心地よさを実感しながら、Yさんは幸せそうに語ってくれました。
左:ひときわ目を引く外壁は道産スギの板張り。玄関から屋根続きのカーポートとも調和
右:余計な装飾を排除したすっきりとしたダイニング・キッチン。床は道産ニレを使った無垢フローリング
左:フラットなアイランドキッチンは使い勝手も抜群。早速娘さんも家事をお手伝い
右:採光や開放感など、機能面はもちろんのこと、デザイン性も優れた吹き抜け空間
左:造作の洗面台は使い勝手を細かく考え、ドレッサー仕様に。ゴミ箱も中に隠してすっきり
右:土地の高低差を活かし、玄関をコンパクトにまとめ、LDK、2階へとつながるスキップフロアに
■建築データ
■構造規模 木造(新在来工法)・2階建て
■延床面積 158.16㎡(約47坪)(カーポート含まず)
■工事期間 平成29年11月~平成30年3月(約5ヵ月)
■主な仕上げ
<外部> 屋根/ガルバリウム鋼板、外壁/道産スギ板張、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:木製断熱サッシ 一部樹脂サッシ
<内部> 床/北海道産ニレ無垢材、壁/珪藻土入塗壁、天井/珪藻土入クロス
■断熱仕様
<充填断熱+付加断熱> 基礎/押出法ポリスチレンフォーム(B3)100㎜、壁/高性能グラスウール16㎏155㎜、屋根/高性能グラスウール16㎏260㎜
■暖房方式 エコジョーズによるセントラル暖房(温水パネルヒーター・床暖房)
■住宅性能
<断熱性能> UA値:0.34W/㎡K
<気密性能> C値:0.4㎠/㎡

●このページは、リプランより転載利用しています。