Replan (リプラン)掲載記事 <vol.87(特集)>

RC Reinforced-Concrete

RC外断熱、独自のサンドイッチ工法が現す効果安定した室温で心地よく、強さと優しさを備えた家

豪雪地帯のニセコのリゾート地に、どっしりと建ちながら、周りの樹木にもなじむコンクリート打ち放しの素材感が魅力的な建物。
 SUDOホームのRC住宅は、外断熱によって外気温の影響を受けることなく、その蓄熱性の高さによって、冬は室内の暖かさを、夏は涼しさを逃がさず、一年を通して心地よい室温が保たれています。
しかも、構造と打ち放しの外壁という、2つのRC壁の間に断熱材をはさみ、同時に成型する「サンドイッチ工法」は、優れた型枠技術があってこそのSUDOホームだけが成しうる独自の工法。これにより、メンテナンスフリーの最良の形とコストダウンも実現しています。
 仲良く並ぶ2階建てと3階建てのモデルハウスの室内は、いずれも柱がなくゆったり。その空間の広がりに、RC
造の設計の自由度の高さを再認識させられます。さらに木などの自然素材ともマッチし、インテリアの色調をも引き立てるコンクリートに、さまざまに広がる暮らしの楽しみが実感されるようでした。

しっかりとコンクリートの壁に固定された階段もデザイン性に富んでいる 

赤と黒のソファなど、インテリアの色調を選ばないのも魅力

右:木質感とも相性がよく、白のキッチンが空間に映える 
上:柱のない大空間や大開口はRC造ならでは 
下:木々の緑になじむコンクリート打ち放しの外観。外断熱と内外のRC2重壁が、厳寒期だけでなく1年中、心地よい暮らしを守る
DATA
構造規模・延べ床面積/
RC造・2階建・112.1㎡(33.9坪)
RC造・3階建・170.3㎡(51.6坪)
断熱仕様/基礎・外壁:スタイロフォーム(B3)100㎜
屋根:ウレタンボード100㎜
暖房方式/セントラルヒーティング(灯油ボイラー温水パネル)

●このページは、リプランより転載利用しています。