フォトメールVol.03 「洞爺湖 しじま(静寂)の風景」

今回、ようやく元旦以来の洞爺湖に行くことができました。
残雪が残る洞爺湖の今をロケハンです。
日の出を期待せずに、日の入り時刻から30分遅く現地到着しましたが、
おもいがけず雲の晴れ間からきれいな朝焼けが…
現地気温は-1°C
風もなく穏やかな”しじま(静寂)”が待ち受けていました。

旭浦エリア
まずはいつもの朝日を望む西のスポットから。

丁度、中島と有珠山の雲の晴れ間から太陽の光が差し込み神秘的な風景に…
手前に噴石を入れてアートの世界を演出しました。

湖畔沿いの水面には倒木がモニュメントのように配置されています。
まさに自然が織りなす作品です。
旧洞爺村へ

お気に入りの場所からいつものように2本の木を入れてパチリ!
雲の間から「天使のはしご」のように光が湖面に射し込んでいます。

一度だけ太陽が顔を出しました。

今日は湖水の水量が少なくシンボリックな岩が湖面から浮かび上がっていました。
湖水面が高いと見ることができない景色です。

いつものことながら…
自然劇場の演出には驚きます。
どのような芸術家も自然が織りなすアートには敵いません。
これからも洞爺湖の隠れた自然アートを探し出しご紹介します。
お楽しみに。
END