見せます建築現場「mahorama」page04

娘がNHKの連続テレビ小説にはまってしまい、録画したのを一緒に見ているうちに自分もはまってしまいました。
こんにちは。Kです。
「mahorama」第4回をお送りいたします。

グラスウールが搬入されました。
入れる場所によって、厚みや幅を替えて大工さんの切る手間を少なくしています。
写真は屋根用の断熱材で200㎜と105㎜で305㎜の屋根断熱となります。

200㎜の断熱材を屋根タルキ内に充填して、下地を組んだら105㎜の断熱材を入れます。

壁の断熱材も大分入りました。ギューギューに押し込まず隙間なくフワっと入れるのが大事です。

外壁側にも105㎜の材料で下地を組んで断熱材を入れて行きます。
これで壁の断熱材厚さは 105㎜+105㎜で210㎜になります。

現場はグラスウール入れ真っ最中ですが、そのころM越棟梁は加工場に戻って出入口の木枠加工を行っていました。
今回グラスウール祭りでしたね。次回もお楽しみに~