見せます建築現場「sônouchi」page02

コンニチワ♪ Fです。
「sônouchi」2回目をお送り致します。
・・・とその前に今回のネーミングですが
「そうのうち」とよんでほしいんです・・・・
「そう」は層で5層の床から構成された家を表現しているのと
クライアント様が相談された当時は持ち家でその持ち家が売却できたら
・・・・・・「そのうち」の話しなのですが・・・・から
この計画がスタートしましたのでこのようなネーミングとなっています。
もう一つのこだわりポイントは「ô」。
上の伸ばすヤツ?をなんていうのかわからないですが・・・(^_^;)。
クライアント様への提案当初、FはPCでの入力方法が
わからず「sounouchi」と表現していましたが、本当は「sônouchi」と
表現したかったんです。
そんなある日、入力方法を教えてもらってFのPCでも
「ô」が表現できるようになりました(^^♪
なぜにそこにこだわっていうのかといいますと・・・
「ô」はこの家の特徴でもある切妻屋根の家に見えるんです・・・Fだけかな??
なので「sônouchi」というネーミングになりました。
毎回毎回ダラダラと直接関係のない話しでスミマセン。。
それでは今週もスタートです。

着工に先立ち除排雪と表土めくりをしています。
晴れ間を見ながら日程を調整しても・・・・

・・・・・この時期の「白いアイツ」は予告なく突然やってくることがあります(;´д`)トホホ…
でも、地面が白くなったので建物の位置出しに使用したピンク色のスズランテープが映えるようになりましたね!

3月吉日。
地鎮祭当日の朝。
会場を設営し・・・・

・・・・地鎮祭が始まりました。
神主さんは祝詞奏上(のりとそうじょう)のあと敷地の四隅と中央に切麻(きりぬさ)をまき土地を清めています。

テントの中に戻り、厳かな雰囲気の中、
玉串奉奠(たまぐしほうてん)。
二礼二拍手一礼し 神様に玉串を奉り拝礼し祈願しました(^人^)

米・酒・塩・水の順で土地の四隅と中央をお清めして地鎮祭が滞りなく終了しました。
次回は入社4年目のフレッシュな年男くんにバトンタッチです!
それではお楽しみに♪