見せます建築現場「ソトブンノウチ」page01

皆様こんにちは! Kです。
と言いましても現在進行中の「danran」担当のKではなく、札幌のKの方でした・・
考えると・・KとS多いかもしれません、、、
先日、自在の家の工事レポートが終了しましたので、またまた札幌からお送りしたいと思います!

1月に計画地を見に行きました。
( ―・─ _____ ─・─ ) ジロリ
冬、土地を見る時、特に意識するのは道路の除雪状況や周りの建物の状況と屋根の雪です。
普通に考えるとこの時期は北西側から風が吹くので南東側に雪庇ができやすいのですが、周辺環境によって変わる事もあるからです。
ここの場合は大きな雪庇は無いですが、手前の東側に寄ってるのがわかります。

4月になり雪が解け、敷地の高低差が見えてきました。
隣地沿いにコンクリートの塀があり、ほとんど平らな土地、そして歩道の切り下げも問題なし!

東側の道路が見通し良く、奥に樹があります! 
ココを一つのポイントに!!

夏になり、いよいよ計画も大詰め。間取りの詳細や仕上げ仕様も少しずつ決めていきます。

敷地いっぱいの計画になりましたので、念のためコンクリート塀の基礎をチェック!! 住宅の基礎と干渉しない事を確認!
(`д´)b
実はこの穴・・・ちょうどインターンシップで来ていたO君に汗だくになりながら掘ってもらったんです。。
お礼に手袋をプレゼントしたので大丈夫でしょう、、、
⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃

正面からの立面図です。
1階部分を車やアプローチスペースの屋外空間とし、その上に居住空間を配置したピロティ形式の住宅です。
その特徴ある断面構成から、この家のネーミングは・・・
街中敷地40坪で快適に暮らす「ソトブンノウチ」
家の特徴は
・1階ピロティで土地を有効活用した快適な暮らし
・キッチン中心のくるくる回れる便利な暮らし
・2階LDKで明るく、開放感ある暮らし
・屋根付ウッドテラスで外とつながる暮らし
・スキップフロアでつながる空間変化のある暮らし
です!
そして現場担当は・・・・・あの「ぶっき~」です!!